医療事務の給料・求人

スポンサードリンク

医療事務の概要

医療事務

医療事務とは、一般企業の事務職とは少し異なり

基礎的な医療の知識や医療保障制度、医療関係法規の知識などの特別な知識が求められます。


医療事務の仕事は、診療報酬の請求(保険請求)手続きなどのレセプト業務と診療の受付、会計、カルテ作成、

入退院の手続きなどの患者サービス業務やカルテ管理などの診療情報管理が中心となります。


レセプト業務

レセプト業務とは、診療報酬請求事務業務のことをいいます。


日本の医療は保険で保障されるシステムです。

患者は病院や診療所の窓口で加入している保険機関の保険証を提示して診療にかかった医療費の一部を支払い

残りは医療保険で賄われています。


つまり診療機関は、患者と加入している保険機関の両方向に診療報酬を請求する必要があり

このシステムにのっとった請求事務手続きをレセプト業務といいます。


患者へのサービス業務

患者サービス業務とは、医療機関を訪れる外来患者・入院患者の受付や案内、会計、カルテや診察券の作成などのことをいいます。医療機関において、受付でのスムーズな応対や様々な質問や苦情への対処など、外来患者へのサービスはより良い医療サービスを提供するための要となるとても重要な仕事です。

医療事務の資格

レセプト

厚生労働省が認可する財団法人日本医療教育財団の認定する医療事務資格各種の技能審査認定がおすすめです。


1.医療事務技能審査試験

実務で必要とされる技能者の養成を図るため、診療報酬請求事務技能はもちろん、窓口業務等で求められる患者接遇や院内コミュニケーションの技能も試験科目に採り入れられています。

医療事務技能審査試験の合格者にはメディカルクラークの称号が付与されます。この称号は、診療報酬請求事務業務や窓口業務など医療事務職として求められる能力を備えていることを証明するものです。


2.医事オペレータ技能認定試験

医事業務の遂行に不可欠となっている医事コンピュータの操作・処理に関する知識と技能のレベルを評価、認定します。

医事オペレータ技能認定試験の合格者にはメディカルオペレータの称号が付与されます。


3.診療情報管理技能認定試験

診療情報管理業務の従事者として必要な病名コーディング等の知識と技能のレベルを評価、認定します。

診療情報管理技能認定試験の合格者には、メディカル・レコード・コーディネーターの称号が付与されます。


4.ケアクラーク技能認定試験

介護事務業務の従事者として必要な社会福祉制度や介護事務請求事務などに関する知識と技能のレベルを評価、認定します。

ケアクラーク技能認定試験の合格者にはケアクラークの称号が付与されます。この称号は、介護報酬請求事務業務はもとよりコミュニケーションや社会福祉や介護技術など、介護事務職として求められる知識と技能を備えていることを証明するものです。


5.調剤報酬請求事務技能認定

調剤報酬請求事務業務の従事者として必要な調剤報酬請求事務等の知識と技能のレベルを評価、認定します。

医薬分業が進む中、保険薬局での請求事務業務が増大しているため、教育訓練ガイドラインを策定して技能認定を実施しています。

調剤報酬請求事務技能認定は、教育機関で、当財団が定めた所定の教育訓練ガイドラインに適合するカリキュラムで技能を修得し、当該教育機関の修了試験に合格した人に対して技能を認定します。


6.メディケアエイダー技能認定

医療機関で院内介護に従事する看護補助者として必要な知識と技能のレベルを評価、認定します。

医療機関における看護師不足が深刻な問題となっている中、介護が必要な患者に対する院内介護業務に従事する看護補助者の人材確保は急務となっており、こうしたニーズに対応するため、介助技能に患者接遇技能や医療関連知識を加えた技能認定を実施しています。

メディケアエイダー技能認定は、承認を受けた教育機関で、当財団が定めた所定の教育訓練ガイドラインに適合するカリキュラムで技能を修得し、当該教育機関の実施する修了試験に合格した人に対して技能を認定しています。


7.医療秘書技能認定試験

医療秘書業務に必要な、医事や医学、秘書実務等に関する知識と技能のレベルを評価、認定します。

医療秘書技能認定試験は、専門学校や短大、大学などの教育機関で履修した方の成果を評価するものとして、当該認定試験の受験資格を有する受験校を対象とした団体受験として実施されています。

スポンサードリンク