医療事務の給料・求人

スポンサードリンク

医療事務の仕事/レセプト業務

レセプト

医療事務といえば、レセプト」といわれるほど、診療報酬の請求を行うレセプト業務

病院・診療所の医業収入を扱うとても重要な仕事です。


診療には自由診療・保険診療・公費負担医療の3種類があります。

自由診療は患者が医療費全てを負担しますが、保険診療では医療費の何割かを負担して残りを保険機関が負担します。

公費負担医療は国が医療費の全部または一部を負担します。


「国民皆保険」体制がとられている日本では、医業収入の多くを保険診療費が占めていますが

保険診療は診療費の請求を患者と保険者(健康保険・船員保険・共済組合・国民健康保険など)の2者に行わなければなりません。


保険診療の患者負担分については診療後に請求しますが

保険者へは月単位で 診療報酬明細書=レセプト というものを請求します。


レセプトの作成には、診療行為の点数表の理解や治療法などの知識が必要です。

またレセプトは請求先でも様々なチェックを受けます。


レセプトに不備があると診療報酬の減点や返戻などにつながるため、細心の注意が必要となります。

医療事務の仕事/患者へのサービス

医療事務

【 外来患者へのサービス 】


医療機関において、受付でのスムーズな応対や様々な質問や苦情への対処など

外来患者へのサービスはより良い医療サービスを提供するための要となるとても重要な仕事です。


初診受付業務の流れ

保険証を受け取り、診療申込書に記入してもらう → 患者の新規登録 →

カルテ・診察券・会計カード・外来指示書の作成 → 受診案内 となります。


再来受付業務の流れ

カルテが一括管理されている場合は、受付順にカルテ出しなどの準備を行い、各科へ書類を搬送します。

診療科ごとにカルテが管理されている場合は、受付順にカルテ出しなどの準備を行います。

最近は再来自動受付機を導入して、再来受付をコンピューター処理によって行う病院・診療所も数多くあります。

その場合は、自動的に外来基本伝票が発行されますので、それを基に準備を行うことになります。

スポンサードリンク